ASPaC 2018

ASPac Awards 2018

日本・アジア学生パッケージデザインコンペティション

ASPaC Awards 2018 受賞作品のご案内 1次審査通過者作品送付のご案内(訂正)

What’s NEWS

2018/12/29
ASPaC Awards 2018 受賞作品を掲載しました。
2018/10/22
ASPaC Awards 2018の国内決勝結果を発表。
2018/10/05
1次審査通過者作品送付のご案内(再訂正)
2018/09/25
1次審査通過者作品送付のご案内(訂正)
2018/08/27
1次審査通過者作品送付のご案内
2018/07/17
2018ASPaC Awardsの1次審査通過者を発表。
2018/06/29
2018ASPaC Awardsの応募を終了しました。
2018/06/22
ASPaC レポートを更新しました。
2018/05/01
2018ASPaC Awardsの応募を開始しました。
2018/04/27
ASPaC Awards 2018 WEBサイトオープンしました。
共催:独立行政法人 国際交流基金 一般社団法人 アスパック協会
運営・企画:公益社団法人 日本パッケージデザイン協会[JPDA]

【アジア】×【学生】×【デザイン】が生み出す未来アスパックは、”アジアの未来を創る若者を育てる”国際交流事業です。

本事業は、独立行政法人 国際交流基金、一般社団法人 アスパック協会、そして公益社団法人 日本パッケージデザイン協会が一体となって推進し、参加する各国・地域の公的機関・デザイン業界・企業・教育界が支援しています。

本事業は日本やアジアの学生の国際交流と”未来へ羽ばたく力や未来を拓く力”の育成を目的とします。

世界へ発信

若者の潜在的能力の発見と世界への発信パッケージデザインは最も身近なアートであり文化、そして時代を動かすものです。…

企業の社会的役割を牽引

国際社会で活躍できる若者を育てることは企業の重要な役割の一つです。私たちは、企業のサポートを募りアジア各国…

アジアの発展に貢献

本事業の活動を通じて日本をはじめアジア各国の若者の交流を推進します。私たちは、国境を越えた人材育成を通じ…

アスパックアワード

学生を対象とするパッケージデザインのコンペティション=「アスパックアワード」を開催。優秀な作品は日本含め…

企業研修プログラム

アワード受賞者に独自の企業研修を実施。企業文化や活動への理解を深めデザインの重要性を学びます。…

フォーラムやワーク…

企業や著名なデザイナーのフォーラム、大学でのワークショップを運営。企業・デザイン業界・学生の相互理解を…

グローバルな人材交流

本事業を通じてグローバルな人材交流を促進。学生や企業、そして関係者の未来へ繋がる関係を構築します。…

※エントリーはアイデアスケッチでの応募となります。
実物大サンプルは予選通過後に制作いただきます。

詳しくはこちら

右記エントリーボタンより専用フォームへ行きエントリーしてください。

・国内予選(WEB 審査):ラフスケッチの提出

※言語は日本語または英語で記入してください。
※グループで参加する方は代表者1名が記入しお送りください。
※エントリーに関してのご不明点がございましたらお問い合わせよりご連絡ください。

たくさんの応募ありがとうございました

応募WEBエントリー

〔応募期間〕
2018年5月1日(火)〜6月29日(金)
上記の応募期間内にホームページより応募

国内予選(一次審査)

2018年7月7日(土)
予選通過作品は、7月中旬にホームページで発表

国内決勝(二次審査)

2018年10月13日(土)
日本を代表する入賞・入選作品が決定

アジア決勝

2018年12月3日(月)
国内・アジア各国地域の代表作品の最終審査

授賞式レセプション・フォーラム

2018年12月4日(火)
東京にて授賞式・レセプションを開催

入賞者

2018年12月5日(水)〜7日(金)
入賞者は各国地域の入賞者と合同で企業研修、ワークショップなどの特別プログラムに参加

受賞・入選作品展

東京:2017年12月中旬〜
大阪:2018年1月中旬〜
アジア参加国地域巡回展

■ 国内決勝結果

入賞4作品はアジア決勝に進み、他9つの国と地域からの代表作品と賞を競います。
アジア決勝の結果は2018年12月3日の最終審査会を経て2018年12月4日の表彰式で発表いたします。

入賞作品

ID 氏名 作品名 学校
2550 大隈ひかる HUG CUP 多摩美術大学
2591 不破栞奈 JAPANESE INCENSE 多摩美術大学
2724 栗栖幸太 fish bone 穴吹デザイン専門学校
2835 行木穂実 ひんやりアニマルジェルシート 多摩美術大学

入選作品

2414 草皆瑠花 uturofu -石鹸のパッケージ- 愛知県立芸術大学 3100 栗林里紗 FACE PALET(フェイスパレット) 桑沢デザイン研究所
2685 藤うらら 膳子 -ぜんす- 京都造形芸術大学 3118 熊谷南美 らっきんぎょ 多摩美術大学
2784 万竝沙羅 障子破り 大阪芸術大学 3169 後藤めぐ kome 武蔵野美術大学
2909 横瀬幹弥 ZOMBIE-EYE PIN-PON 穴吹デザイン専門学校 3184 立野光梨 Re:PaC 往復レターパック 千葉大学大学院
2928 村上智佳子 水を入れれば出汁がとれるDashiiin 京都精華大学 3195 周容安 egg 桑沢デザイン研究所
2942 高見碧 cotton candy 100% 成安造形大学 5438 葛西真彩 Happy Birthday tooth you!! 北海道芸術デザイン専門学校
2978 濤川知穂 野菜箸 多摩美術大学 5503 渡邊由菜 侍 納豆 北海道芸術デザイン専門学校
3012 須田雅 Kimono cup sleeve 武蔵野美術大学

佳作

佳作の作品は右のリンク先にてご案内しております。

ASPaC Awards 2018 受賞作品

ASPaC Awards 2018 は、日本868点、韓国477点、中国873点、タイ178点、インドネシア328点、台湾493点、フィリピン25点、シンガポール158点、マレーシア63点、ベトナム78点の応募総数3541点を数えました。
各国地域のASPaC協力団体による各地予選で選出された作品が日本に集まりアジア各地の審査員による厳正な審査で合計32点の入賞作品を決定しました。
〈大賞1点、金賞2点、銀賞2点、銅賞2点、ASPaC会長賞1点、JPDA賞1点、国際交流基金賞9点、フジシール賞1点、大日本印刷賞1点、サントリー賞1点、味の素賞1点、優秀賞10点〉

4回目となる2018年のアスパック事業は、参加国10カ国・地域となり入賞作品数が増えました。〈2014年:18点、2016年:24点、2018年:32点〉
2018年12月04日(火)、「文京シビックセンター2階小ホール」において授賞式が行われ、各賞が贈られました。
入選・入賞作品は、後日制作予定の「ASPaC Records 2018」(仮称)に掲載されます。

受賞作品展[東京] 2018年12月06日(木)~15日(土) 11:00~20:00 GOOD DESIGN Marunouchi(丸の内)
受賞作品展[大阪] 2019年01月15日(火)~23日(水) 09:00~17:00 ペーパーボイス大阪(長堀橋)
◎東京展の最終日は19:00までとなります。
◎大阪展は土日休みとなります。
◎大阪展が終了次第、参加国地域を巡回展する予定です。

Grand Prize 大賞

「Kidicine」

THAILAND

Kulisara Sombutphiboonporn

Silpakorn University

Gold Prize 金賞

「"Su"」
CHINA
Shan Chaozheng
Shanghai Academy of Fine Arts
「Turn On」
TAIWAN
Pei-Lin Chang and others
National Taiwan University of Arts

Silver Prize 銀賞

「Fresh Catch for Cats」
PHILIPPINES
Nina Patricia Morales
University of the Philippines /
College of Fine Arts
「Puppetry Live in Box」
TAIWAN
Kai-Chuan Wang and others
Chaoyang University

Bronze Prize 銅賞

「Dragon Samurai」
SINGAPORE
Shu Zhen Nikki Cheryl Lo
LASALLE College of the Arts
「Mix Beverage Child ver.」
TAIWAN
Ning Syu and others
National Taiwan University of Arts

ASPaC Chairman’s Award ASPaC 賞

JPDA Award JPDA 賞

「Capsule Mask Pack」
KOREA
Eun Sunwoo
Kyonggi University
「JAPANESE INCENSE」
JAPAN
不破栞奈
多摩美術大学

Japan Foundation Award 国際交流基金賞

「Zhu Xin」
CHINA
Huang Jing and others
Shanghai Academy of Fine Arts
「PÈTIS」
INDONESIA
Laras Zita Tedjokusumo
Universitas Multimedia Nusantara
「PARADOGGIES」
KOREA
Jiwon Shin
Mokwon University
「Orange Juice Sacs」
MALAYSIA
Zoe Zhi Min Tham
First City University College
「Rubbi Rubber Bands」
PHILIPPINES
Reinna Micaella Biaca
University of the Philippines / College of Fine Arts
「ブーム Boommu」
SINGAPORE
Bee Jia Nah
LASALLE College of the Arts
「FOLDING CAN-instant food package that is storable and heatable」
TAIWAN
Zi-Yin Lin and others
National Taiwan University of Arts
「One Shot」
THAILAND
Sitanun Boonyayothin
Silpakorn University
「RAW」
VIETNAM
Hoang Long Tran
Bournemouth University

Fuji Seal Foundation Award フジシール賞

DNP Award 大日本印刷賞

「STMJ 'Sooper Food!'」
INDONESIA
Clara Chrysilla Yahya
Universitas Multimedia Nusantara
「POHACI」
INDONESIA
Angela Merici Diah Larasati ,
Maharani Yasmin
Binus Northumbria School of Design

Suntory Award サントリー賞

Ajinomoto Award 味の素賞

「HUG CUP」
JAPAN
大隈ひかる
多摩美術大学
「Black Garlic」
KOREA
El Dat Lee
Mokwon University

Honorable Award 優秀賞

「Golden Code Chocolate Gift Box Packaging Design」
CHINA
Song Yihong
Shanghai Academy of Fine Arts
「Customer Jiande - Liye Bailian Wine Packaging Design」
CHINA
Zhang Dingwei
Shanghai University of Engineering and Technology
「Energen Sereals」
INDONESIA
Muhammad Iqbal Firdaus
Institut Kesenian Jakarta
「fish bone」
JAPAN
栗栖幸太
Anabuki Design College Hiroshima
「Cooling Animal Gel Sheet」
JAPAN
行木穂実
Tama Art University
「Korean Dried Anchovies, Merchi」
KOREA
Jiyun Yeo
Silla University
「Treasure Harvest」
MALAYSIA
Zhen Lu Chow
The One Academy
「Cheese in the Trap」
SINGAPORE
Anthon Damien Chor Hwee Kiong
LASALLE College of the Arts
「1TOOL3」
THAILAND
Rutthawitch Akkachairin
King Mongkut's Institute of Technology Ladkrabang
「Dau Gio」
VIETNAM
Truong Chau Ngoc Pham
RMIT University

自分にとってパッケージデザインって

大学ではグラフィックデザインを専攻していて、授業内で少しパッケージデザインを…

就職先と運命の出会い

私にとって最も大きな成果は就職先である「ブラビスインターナショナル」に出会えたことですね。…

自分の将来と向き合う

この作品は水道水を飲料として商品化するにあたって、水道水の当たり前を見直したデザインになっているんです。…

国際交流が素敵な財産に

どのプログラムもとてもよく覚えていて楽しい経験になりましたが、プログラム中は韓国の受賞者の方とも…

過去のASPaC Awards